2013年03月07日

国交省 中古住宅の担保評価整備を開始

国交省 中古住宅の担保評価整備を開始


***********************************

■木賃デベロップメント

 老朽化し入居者がなかなか決まらないアパートをいまの時代とまちに合った物件に生まれ変わらせます。全国賃貸住宅新聞社の「家主と地主」、日経アーキテクチュアに続き、マガジンハウス社のCasa BRUTUS2月号p100)にも掲載されています!

http://on.fb.me/VH3xT2

えっ!これを知らずに家を売ったり買ったりするの?

安心中古住宅売買の極意 記事検索ページはこちら

http://www.ayumi-ltd.com/blogindex/

***********************************


国交省 中古住宅の担保評価整備を開始


国土交通省が昨日、中古住宅の流通促進・活用に関する検討会の初会合を開いたそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下住宅新報webより抜粋)
 2020年までに中古流通・リフォーム市場の倍増を目指している国交省は、(中略)住宅性能(価値)を引き上げる取り組みを行った住宅について、取引価格や金融機関の担保評価に適切に反映させるにはどのようにすればよいかなどについて話し合う。住宅・不動産関係者のほか、金融機関の担当者らも会合に加わる。

原文はこちら → http://www.jutaku-s.com/news/id/0000018223
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 中古住宅の流通が活性化するような議論がどんどん進んでますなあ。


 国土交通省は、ホームインスペクション(住宅診断)について今月中に第三者性(※)等の議論を含んだガイドラインを出そうとしているようですし、2013年度中に、公共建物やマンションなど全ての種類の建物を対象とした、耐震性のある建物を認定する制度を新設する予定。

 

「土地」至上主義だった不動産市場に、建物そのものの価値をきちんと見出そうという動きが、だんだんはっきりと見えるようになってきましたねえ。

 
 これまで、中古の建物の価値は時間の経過とともにゼロになるという一律的な評価方法でした。例えば木造なら20年〜25年で価値はゼロだよねって感じで。

 
 でも、ちゃんとメンテナンスしていれば、もっと長く住めたり、耐震性だってアップさせることも可能なんですよ。そういう建物をきちんと評価しようというのは、と〜ってもいいこと。

 
 何と言っても、今回の記事にあるように、ファイナンス(金融)が絡んでくるってえのがいい!

 
 金融機関は書類上で建物審査をするしかないので、耐用年数とかで機械的に建物価値を評価してたんですよ。あるいは、遵法性のある建物かどうかを、書類上でチェックしてふるいにかけるとかね。

 
 でも、ホームインスペクションや住宅履歴制度、耐震認定などが浸透してくることによって、金融機関がより建物を評価しやすい環境になると、買主にとってローンが付きやすい建物かそうじゃないかっていうのが、今後はかなりはっきりする可能性が高くなる。

  
 そうすると中古住宅市場も随分よい方向に変わると思うなあ。(個人的には、流通システムそのものの抜本的改定も必須と確信しているところだが(笑))

 
 買主さんだけでなく、売主さんや不動産を所有している方々(マンションもそうですよ!特にマンションの場合は、管理組合も!)も要チェックですよ。自分の資産価値の評価基準が変わろうとしているわけですから。

 

(※)ホームインスペクションの第三者性

中立的に住宅診断を行うという意味での第三者性。

家を買う人が、自分でホームインスペクターを選定して委託する場合には、第三者性は担保されていると考えられるが、たとえば、何としても売却を成立させたい売主や仲介業者が委託したホームインスペクター診断を行ったり、リフォームを実施せんがための診断を行うというのは、第三者性が担保されない可能性がある。

人気ブログランキング

 

 

***********************************

不動産とそれが存する街や地域を俯瞰し

そこに住む人々が

経済的にも文化的にも豊かで安心できる社会を創造することが

私たちの使命です

***********************************

<運営会社>

ホームインスペクション(住宅診断)付き中古住宅・マンションの売却・購入

不動産総合コンサルティング

 株式会社あゆみリアルティーサービス

http://www.ayumi-ltd.com/

東京都中央区京橋1−14−6 ガーデニアビル9階

104-0031  TEL03-6228-7937

Email:tanaka@ayumi-ltd.com

■本内容については万全を期しておりますが、その内容の全てを保証するもの

ではありません。万が一これらの内容を各人の判断で使用したことにより損害

を被った場合、弊社は一切責任を負いかねます。

2009-2013CAyumi Realty Service All Rights Reserved.

***********************************



ayumiltd at 10:51│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字