2016年08月15日

2020年に金利は3.4%?

2020年に金利は3.4%?

811日の日経新聞を読んでいたら、「長期金利、20203.4%?」との見出しが。

 

内閣府の公式文書で「中長期の経済財政に関する試算」の内容についての記事でした。

 

理論値ではありますが、国債の価格下落(金利上昇)が急速に進むことを想定しており、大胆な金融緩和や機動的な財政支出などを続けた場合の「経済再生ケース」では、2020年に3.4%まで上がると計算しています。

 

長期金利が上昇するということは、長期国債の価格が下がるということ。

 

国債保有が減ったとはいえ、まだまだ大量に保有する銀行は大変ですよね。

 

でも、実は、不動産を持っている人にも影響します。

 

金利が上がれば、不動産価格は下がります。

 

なぜなら金利が低いときはローン調達額が高まるため、不動産価格は上がりますが、

逆に、金利が上がればローン調達額は低くなり、不動産価格は下がります。

 

 

お金を借りて不動産を取得したり、相続対策のための賃貸マンションなどを建てている方は、さらに大きな影響があるでしょう。

 

保有する不動産の価格が下がる(担保価値が下がる)だけでなく、固定金利でない場合、利払いが増えるからです。

 

今後の金利動向、やはり要チェックです。

 

 

 

(筆者がさくら事務所不動産コンサルタントとして連載している日経コラムはこちら)

http://style.nikkei.com/money/DF280120166577

 

***********************************

不動産は、人に安心と豊かさを与えるものでなければなりません。

それは、人と不動産が切っても切れない関係にあるからです。

だから当社は

「不動産を通じて豊で安心な社会を実現すること」

目的として事業を展開します。

***********************************

<運営会社>

ホームインスペクション(住宅診断)付中古住宅売買、相続コンサル、

総合不動産コンサルティングの

 株式会社あゆみリアルティーサービス

http://www.ayumi-ltd.com/

東京都中央区京橋1−14−6 ガーデニアビル9階

104-0031  TEL03-6228-7937

■本内容については万全を期しておりますが、その内容の全てを保証するもの

ではありません。万が一これらの内容を各人の判断で使用したことにより損害

を被った場合、弊社は一切責任を負いかねます。

2009-2016CAyumi Realty Service All Rights Reserved.

***********************************



ayumiltd at 09:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字